Cobalt_Reactive ATP

Cobalt_rATP

Search similar content
Information:
2:52 
Minutes
Audio Included: 
Yes
Video Format: 
MP4
Date: 
26 May 2020
Description: 

rATP : Reactive ATP™

AT/AF持続化の抑制

AT/AFは心不全や脳梗塞のリスクを上昇させることが報告されていますが1,2

ICDにおける不適切作動の一番の要因3ともいわれています。

Reactive ATP™は、AT/AFのリズムおよび規則性の変化を検出し、

それに合わせて自動的に心房抗頻拍ペーシングを繰り返し送出する機能です。

CareLink™ データベースによると、すべてのデバイスにおいてReactive ATP™On群は、コントロール群と比較して7日間持続するAT/AFリスクを36%低減しました4

また、ICD患者に限定すると42%低減し、発作性から持続性へAFの進行を遅らせることが示されました5

1. Stewart S, et al. Am J Med. 2002;113:359-364.

2. Naccarelli GV, et al. Am J Cardiol. 2009;104:1534–1539.

3. Auricchio A, et al. Heart Rhythm 2015;12:926–93.

4. Crossley GH, et al. Pacing Clin Electrophysiol. July 2019;42(7):970-979.

5. Crossley GH, et al. Pacing Clin Electrophysiol. July 2019;42(7):970-979.Supplementary Table S2.