ENHANCED PERSONALIZED CRT_ Japan mainpage

CRT 患者のニーズは常に変化しています
生活する中で、心臓のリズム・レート・伝導状態は常に変化し、時に心房細動が起きることもあります
刻一刻と変わる患者さんの「今」に向き合うために“より強化された”Personalized CRT は一人ひとりの「今、この時」に必要なペーシングを提供します

「今、この時」に必要なペーシングを提供するには
4つの大きな課題があります

  • AVタイミングの至適化

  • 不整脈の管理

  • 高いCRTペーシング率の維持

  • 至適なLVリードポジション

MedtronicのCRTはこれらの課題に対し、臨床データと共に解決策を提案します


AVタイミングの至適化

植込み時と同じ状態がそのまま続くとは限りません。
日常生活において様々な要因で患者の至適なAVタイミングやペーシングモードは変化します。
こうした状態変化へタイムリーに対応することは、CRT 効果を向上させるために必要不可欠な要素と考えられます。
しかしながら、植込み後に至適なAVタイミングを維持することはCRT における課題の一つでした。

1分毎に自動至適化

AdaptivCRT™

自己AV伝導時間、P波・R波幅に基づきAV/VV delayを至適化します。
また正常AV伝導時にはAdaptive LVペーシング、AV伝導の延長もしくはレート上昇時にはAdaptive BiVペーシングを自動選択します。
VV delayを固定で設定できるオプションも増え、更なる至適ペーシングを提供し続けます。


不整脈の管理

心房細動(AF)は、心原性脳塞栓症や心不全増悪の直接的な因子であると同時に、CRTペーシングの主な阻害要因であることが知られています。
また、時に心室性不整脈を引き起こす要因にもなります。
心室性不整脈に対するショック治療は患者QOLの低下や予後に影響を与えるため、不必要なショック治療は可能な限り回避する必要があります。
これらの不整脈はいつ起こるかわからず、デバイスがプロアクティブに対応することが望まれていました。

心房細動の持続化抑制

Reactive ATP™

心房性不整脈のレートとリズム変化に合わせて心房ATPを送出します。

 

心室ATP治療

Intrinsic ATP™(iATP)

iATPがそれぞれのVTに対して、VTの回路に到達させるためのATP泊数と適切なATPのタイミングを自動で計算し、ATPの成功率を改善します。


高いCRTペーシング率の維持

CRTペーシング率は数%でも低下するとCRT患者の予後に関わることが知られています。
また、CRTペーシング率が高かったとしても、それが効果的なペーシングではない可能性も示唆されています。
特にAF中は房室伝導が亢進することで効果的なペーシングが阻害される可能性が高まると考えられます。
CRTペーシングの「量」だけではなく、その「質」を評価し、さらに効果的なペーシング率を上げるためのアルゴリズムが必要とされていました。

今まで見えなかったペーシングの質の評価

 

 

 

 

 

 

 

EffectivCRT™ Diagnostics

EGMの波形を解析し、LVペーシングが「Effective」か常に解析します。

AF中も波形を確認、自動でペーシングの質を向上

EffectivCRT™ During AF

心房性不整脈中は常に波形を確認し、自動的にペーシングレートを僅かに調整することでEffectiveなペーシング率を向上します。


至適なLVリードポジション

LVリード留置位置、ペーシング部位はCRT responseに影響することが知られています。
また、フォローアップ中におけるペーシングのオプションを多く残すことも重要です。
しかし、これまでのLVリード留置には多くの課題がありました。

  • 置きたいところで固定が安定しない
  • 血管径や走行に適したリードを選択する必要がある
  • 高閾値や横隔神経刺激(PNS)の発生
  • ディスロッジの懸念

これらの課題は結果的にCRT治療の至適化を阻む原因となっていました。

「置ける場所」から「狙った場所」へ

サイドヘリックス付きリード

Attain Stability™ Quad

今まで固定が得られた解剖に加え、特殊症例を含むより多くの血管に1本で対応します。

 

ENHANCED PERSONALIZED CRTを支える

BLUESYNC™テクノロジー

MyCareLink Heart™ アプリ

スマートフォンやタブレット等のモバイル端末*から、患者さんの植込みデバイスの情報をCareLink™ ネットワークに送信します。

Anytime Anywhere

いつでも、どこでも**患者さんと病院を繋ぎます。

* iOSデバイスのみ対応

** 携帯電話回線またはWi-Fiが接続する場所に限ります


MyCareLink Relay™ ホームコミュニケータ

コンセントに差すだけのシンプルな設計です。

Engineered for Performance

▪4G携帯電話回線とWi-Fiとのハイブリット接続

Designed for Life

▪患者さんによる操作を最小化する設計


CareLink SmartSync™デバイスマネージャー

CareLink SmartSyncデバイスマネージャーは、次世代のプログラマ及びペーシングシステムアナライザです。

本製品は、ベースステーション、ペイシェントコネクタ、及びCareLink SmartSyncモバイルアプリケーションによって構成され、ポータブルで直感的なユーザーインターフェースのデザインが特長です。

Cobalt XT CRT-Dのプログラムは、SmartSyncを使用して行います。

References

  1. Birnie D, et al. Continuous optimization of cardiac resynchronization therapy reduces atrial fibrillation in heart failure patients: Results of the Adaptive Cardiac Resynchronization Therapy Trial. Heart Rhythm 2017;14:1820-1825.

  2. Birnie D, et al. Clinical outcomes with synchronized left ventricular pacing: Analysis of the adaptive CRT trial. Heart Rhythm 2013;10:1368–1374.

  3. Singh JP, et al. Real-world behavior of CRT pacing using the AdaptivCRT algorithm on patient outcomes: Effect on mortality and atrial fibrillation incidence. J Cardiovasc Electrophysiol. 2020;31:825–833.

  4. Crossley GH, et al. Reactive atrial-based antitachycardia pacing therapy reduces atrial tachyarrhythmias. Pacing Clin Electrophysiol 2019;42:970-979.

  5. Swenson DJ, et al. Direct comparison of a novel antitachycardia pacing algorithm against present methods using virtual patient modeling. Heart Rhythm 2020;17:1602–1608.

  6. Varma N, et al. Influence of automatic frequent pace-timing adjustments on effective left ventricular pacing during cardiac resynchronization therapy. Europace 2017; 19: 831–837.

  7. Plummer JC et, al. A novel algorithm increases the delivery of effective cardiac resynchronization therapy during atrial fibrillation: The CRTee randomized crossover trial. Heart Rhythm 2018;15:369–375.

  8. Havard K, el al. Active fixation of a thin transvenous left-ventricular lead by a side helix facilitates targeted and stable placement in cardiac resynchronization therapy. Europace 2016;18:1235-1240.

  9. George H. Crossley, et al. Performance of a novel left ventricular lead with short bipolar spacing for cardiac resynchronization therapy: Primary results of the Attain Performa Quadripolar Left Ventricular Lead Study Heart Rhythm 2015;12:751–758.

  10. George H. Crossley, et al. Performance of a novel active fixation quadripolar left ventricular lead for cardiac resynchronization therapy: Attain Stability Quad Clinical Study results. J Cardiovasc Electrophysiol. 2020;31:1147–1154.


販売名 / 医療機器承認番号 

Cobalt MRI CRT-Dシリーズ / 30200BZX00098000

Cobalt MRI ICDシリーズ / 30200BZX00097000

Medtronic Azure MRIシリーズ / 23000BZX00027000

Percepta MRI CRT-Pシリーズ / 23000BZX00230000

アテイン スタビリティリード / 30200BZX00063000

ケアリンク SmartSync Device Manager / 30100BZX00033000

メドトロニック 24967 ペイシェントコネクタ / 30100BZX00034000

ケアリンク 2090W / 21900BZX00423000

Last updated: 
08 Oct 2020