2019 Medtronic Sponsored Events-JHRS

第66回 日本不整脈心電学会 学術大会

 

この度、第66回日本不整脈心電学会学術大会にて、共催セミナーを開催いたします。

画像をクリックすると各セミナーの詳細をご覧いただけます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

会期:2019年7月24日(水)~7月27日(土)

会場:パシフィコ横浜

 

Medtronicの共催イベントの総合リーフレットです。

各セミナーの内容に関する説明もありますので、是非ご覧ください。

 

 


ランチョンセミナー 1(LS1)

7月24日(水) 12:10-13:10

第2会場(パシフィコ横浜会議センター5階 501+502)

「ICD患者におけるAT/AFマネジメントの重要性について」

座長:栗田 隆志 先生(近畿大学病院)

植込み型デバイスにおけるReactive ATPの有効性

演者:鎌倉 令 先生(国立循環器病研究センター)

Reactive ATPによるAT/AF停止機序への考察

演者:前田 真吾 先生(AOI国際病院)

 

 


教育セミナー 2(ES2)

7月25日(木) 11:30-12:30

第8会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 311+312)

「アブレーションに合併する空気塞栓の対策および術中鎮静と気道・呼吸管理」

座長:山根 禎一 先生(東京慈恵会医科大学 循環器内科)

アブレーションに合併する空気塞栓の原因と対策について

演者:井上 耕一 先生(桜橋渡辺病院 循環器内科)

アブレーション中の鎮静および気道・呼吸管理について

演者:宮内 靖史 先生(日本医科大学千葉北総病院 循環器内科)


ランチョンセミナー 8(LS8)

7月25日(木) 12:40-13:40

第7会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 304)

「Personalized CRT ー 『今、この時』に必要なペーシングを。」

座長:里見 和浩 先生(東京医科大学病院)

変わる患者状態とCRTペーシング

演者:西山 信大 先生(虎の門病院)

患者によって異なるペーシング至適部位

演者:仁科 尚人 先生(医仁会 武田総合病院)


教育セミナー 1(ES1)

7月25日(木) 14:30-16:00

第2会場(パシフィコ横浜 会議センター5階 501+502)

「Emerging Leaders: Implantable Devices」

座長:栗田 隆志 先生(近畿大学病院)

 

His Bundle Pacing 

演者:大野 誠 先生(山口大学医学部附属病院)

CRT 

演者:髙見 充 先生(神戸大学医学部附属病院)

His Bundle Pacing 

演者:吉本 大祐 先生(豊橋ハートセンター)

 

パネリスト:

Chu-Pak Lau, M.D.(University of Hong Kong, Queen Mary Hospital)

Pugazhendhi Vijayaraman, M.D. (Geisinger Wyoming Valley Medical Center)

佐藤 俊明 先生(杏林大学医学部付属病院)


ティータイムセミナー 3(TS3)

7月25日(木) 16:00-17:00

第6会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 303)

「原因不明の診断から不整脈治療最前線 ー Reveal LINQ™からMicra™」

座長:新田 順一 先生(榊原記念病院)

演者:浅野 拓 先生(昭和大学藤が丘病院)


フォアヌーンセミナー 2(FS2)

7月26日(金) 11:30-12:30

第6会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 303)

「クライオアブレーションのベストプラクティス ― 有効性と安全性のバランスを考える -」

座長:木村 正臣 先生(弘前大学 不整脈先進治療学講座)

演者:宮﨑 晋介 先生(福井大学 循環器内科)


ランチョンセミナー 12(LS12)

7月26日(金) 12:40-13:40

第1会場(パシフィコ横浜 会議センター1階 メインホール)

「Update on Physiologic Pacing」

座長:庄田 守男 先生(東京女子医科大学病院)

日本におけるHBPについて

演者:藤生 克仁 先生(東京大学医学部附属病院)

Update on Physiologic Pacing

演者:Pugazhendhi Vijayaraman, M.D. (Geisinger Wyoming Valley Medical Center)


ティータイムセミナー 7(TS7)

7月26日(金) 14:00-15:30

第6会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 303)

「脳卒中と循環器病の明日を考える ― 各分野のエキスパートが語る展望」

座長:奥村 謙 先生(済生会熊本病院 循環器内科)

座長:Chu-Pak Lau, M.D.(University of Hong Kong, Queen Mary Hospital)

【第1部】 脳卒中・循環器病対策基本法

     座長:奥村 謙 先生(済生会熊本病院 循環器内科)

     基本法の意義とその展望

     演者:小室 一成 先生(東京大学医学部附属病院 循環器内科)

【第2部】 心房細動をキーワードとした脳卒中・循環器病の治療と再発予防

     座長:Chu-Pak Lau, M.D.(University of Hong Kong, Queen Mary Hospital)

     神経内科の立場から

     演者:橋本 洋一郎 先生(熊本市民病院 神経内科)

     心不全の立場から

     演者:萩原 誠久 先生(東京女子医科大学病院 循環器内科)

     不整脈の立場から

     演者:野田 崇 先生(国立循環器病研究センター 不整脈科)


教育セミナー 3(ES3)

7月27日(土) 9:00-10:30

第4会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 301)

「Ask the Experts: Unknown EP Tracings」

座長:Samuel J. Asirvatham, M.D. (Mayo Clinic)

演者:Samuel J. Asirvatham, M.D. (Mayo Clinic)
   野上 昭彦 先生(筑波大学医学医療系 循環器内科)


ランチョンセミナー 27(LS27)

7月27日(土) 12:30-13:30

第8会場(パシフィコ横浜 会議センター3階 311+312)

「スマートフォンアプリによる次世代遠隔モニタリングの可能性」

座長:渡 英一 先生(藤田医科大学病院)

モバイル端末を用いた遠隔モニタリングの有用性

演者:前田 明子 診療看護師(杏林大学医学部付属病院)

DeviceとiOSが拓く未来

演者:藤生 克仁 先生(東京大学医学部附属病院)


ANATOMY THEATER

 

パシフィコ横浜 展示ホールB Anatomy Theater会場

アナトミーラウンジ:ハンズオンとディスカッション

7月25日(木) 9:00-10:00 

【病理・解剖セミナー】デバイス編

不整脈治療の問題点を実際の心臓で考える

演者:井川 修 先生(日本医科大学多摩永山病院/セントマーガレット病院)

ディスカッサー:石川 利之 先生(横浜市立大学附属病院 診療教授)

 

7月26日(金) 16:30-17:30

【病理・解剖セミナー】アブレーション編

不整脈治療の問題点を実際の心臓で考える

演者:井川 修 先生(日本医科大学多摩永山病院/セントマーガレット病院)

ディスカッサー:松尾 征一郎 先生(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 講師)

 

 

第9会場(パシフィコ横浜 展示ホールB内)

心臓病理・解剖セミナー

7月25日(木) 11:30-12:30

【ヒス束・左脚ペーシングを考える】

 ヒス束・左脚(領域)構造の特殊性

座長:久留 一郎 先生(鳥取大学 大学院医学系研究科 再生医療学部門 教授)

演者:井川 修 先生(日本医科大学多摩永山病院/セントマーガレット病院)

 

7月26日(金) 11:30:12:30

【心房中隔を考える】

 心房中隔構造の特殊性 -侵襲的不整脈治療との関連より-

座長:新 博次 先生(日本医科大学多摩永山病院 名誉院長)

演者:井川 修 先生(日本医科大学多摩永山病院/セントマーガレット病院)


ホスピタリティルーム

 

パシフィコ横浜 会議センター4階412

7月25日(木)8:30~18:00

7月26日(金)8:30~18:00

7月27日(土)9:00~15:30

Medtronic Innovational Education Tools

ー製品の安全かつ適正な使用を目指してー

デバイス植込み手技の穿刺やリード留置、閉創まで、一連の手技をさまざまなツールを通して体験頂けます。

また、Micra植込みや静脈穿刺の手技を体験できるシミュレータもご用意しています。

このほか、メドトロニックが提供する教育ツールとして、「CRTシリコンハートモデル」や「解剖VR」なども展示しています。

Last updated: 
15 Jan 2019